スティンギングテスト

スティンギングとは「ぴりぴり感」を意味し、他にヒリヒリ、ツッパリ感、かゆみなど通常紅斑や浮腫のような炎症性症状は伴わず、一過性に消失する反応を見るテストです。

被験者 被験者基準を満たす日本人女性10名
スクリーニング ネガコンを用いて皮膚刺激を感じやすいスティンガーを選抜
試験デザイン 自己申告による感覚刺激評価(単回)
判定基準 4段階の評価基準にもとづき、パネラー自身が評価
貼付場所・貼付期間 頬部に被験品を塗布し、塗布後の刺激感をパネラー自身に評価させる
評価方法 4段階の評価基準   ※感覚刺激の自己診断をスコア判定  
表示可能項目 スティンギングテスト済・低刺激